【H:G:M:O】Gold Angel 21 ゴールドエンジェル 1/朝桐光

[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

朝桐光-Gold Angel 21 ゴールドエンジェル 1(H:G:M:O)

猛烈な女社長が率いる商社のオフィス。社員はそれぞれの仕事に取り組んでいる。そこへやってきたのは社長の朝桐光ちゃん。社員の仕事ぶりを見ながら「何なの?先月の売り上げは?全然ダメじゃない。」と成績がよくないことで社員にハッパをかける。「でも、それなりに・・・」と言い訳をする社員には「言い訳無用。」とピシャリ。女性社員には「何で売り上げがゼロなの?」と叱責。「座ってる暇があったらとっとと営業に行ってきなさい。」と追い立てる。さらに二人の社員が遅刻していることを嘆いている。「まあいいわ。男どもはチンポ出してこっちへ来なさい。」と男たちに全裸を命じ目の前に立たせる。男たちがチンポを勃起させて社長の前に立つと「あんたたち、金玉に膿がたまってるから、少ない脳みそまで使い物にならなくなるんだよ。」と社員たちの肉棒をはじきながらお説教する。「私が全員治してあげるからね。」とスーツを脱ぐと社員たちの前にしゃがみ込む。ビンビンに勃起している社員の肉棒をパクリと咥えジュボジュボとしゃぶっていく社長。「ほら、こっち来て。」左右にチンポを引き寄せ「あんたたち、仕事はできないのにチンポだけはすぐに勃つのね。」と興奮している社員たちを咎めるようにしゃぶっていく。一人を咥え、両手で手コキしながら2人の社員を相手にする社長。代わる代わるフェラを手コキを社員たちにしていく社長。肉棒をしゃぶって興奮してきた社長は、自らブラウスを脱ぎブラジャー姿に。ブラをずらして豊満なおっぱいを露出させるとビンビンの肉棒を挟み込みパイズリしていく。唾液でヌルヌルになったチンポを自分の乳首に擦りつけ、気持ちよくなっていく社長。集中してフェラと手コキをされた社員は「あ〜イキそう、イキそう。」と限界を社長に訴える。「いいわよ出して。」と言うやいなやドピュドピュッと社長に顔射してしまう。「顔にまでかけて・・・。」と顔にかけられたザーメンを舐めて飲み込む社長。「ほら次は?」と二人目の社員を集中攻撃。手コキをしながら「まだイクんじゃないよ。仕事もできないんだから。」と激しくジュボジュボとしゃぶり手コキで攻めていく。「こんなチンポだから、営業も今イチなの、わかる?」と激しく手コキ。社員はイカないように我慢していたが「あ〜社長、イキます。」とあっという間にドピュッと顔射してしまう。「ほら次は?モタモタしてないで。」と3人目を呼び寄せる。手コキしながら「仕事できないのに、チンポだけはデカイのね。」と乳首を擦る。ドMの社員は社長から激しく攻められることにますます興奮していく。「社長、イッちゃいます・・・」と限界を訴えると「ちゃんと口に出してよ。」と手コキを速めるとドピュドピュッと社長の口内へザーメンを発射してしまう・・・。

Gold Angel 21 ゴールドエンジェル 1サンプル動画

続きを見る

[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]